松川るいと安倍首相

ごあいさつ 世界都市大阪の実現

23年間外交の世界で仕事する中で「責任をもって判断し、最後に決めるのは政治であり、政治がしっかりしないといけない」ということを痛感しました。
今、世界情勢は歴史的な転換期にあり、日本の舵取りとしての政治の役割は一層重要になっています。正しい戦略的判断により日本の安全を守っていきたいと考えます。

ここ2年は外務省の初代女性参画推進室長として「女性が輝く社会を日本にも世界にも作る」という安倍外交の柱の一つに取り組みました。特に、私が担当させていただいた日本政府主催の世界女性会議WAW!(World Assembly for Women)は、日本の女性分野の取り組みを世界に発信し、国際的ネットワークを作るものとして高く評価されました。
この経験を活かして、大阪を世界都市にプロデュースしたい。大阪は、文化、歴史、技術など非常に高い力を持っています。大阪という都市自体を独自のブランドとして、世界に発信したいと思います。

WAW!での活躍が海外向けメディアでも注目される
WAW!での活躍が海外向け
メディアでも注目される

また、日本の最大の課題は少子化による人口減少です。子育て真っ最中の母親として、女性も男性も働くことが楽しくなる、子育てが楽しくなる、人生が楽しくなる、そんな社会づくりに取り組みます。
一人一人が自分の可能性を自由に追求しポテンシャルを発揮することができる、そんな社会を作りたい。そうすれば、日本はより豊かで多様でイノベーションを創出できる国になります。日本は成熟した先進民主主義国として新しい一歩を踏み出す時にきています。

子育て中の母として 娘たちと
子育て中の母として 娘たちと

プロフィール

参議院議員(大阪府選挙区)松川るい

生年月日 昭和46年2月
現  職
  • 参議院 財政金融委員会 委員
  • 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 委員
  • 決算委員会 委員
  • 参議院憲法調査会 委員
  • 自民党 広報本部 報道局 次長
  • 自民党 女性局 次長
略  歴
昭和61年3月 四天王寺中学校 卒
平成元年3月 四天王寺高等学校 卒
平成5年3月 東京大学法学部 卒
平成5年4月 外務省入省
平成9年10月 ジョージタウン大学 国際関係大学院 卒
平成11年~14年 条約局法規課 課長補佐
平成14年~16年 アジア大洋州局地域政策課課長補佐
平成16年~18年 軍縮代表部(スイス)一等書記官
平成21年~23年 国際情報統括官組織首席事務官
平成23年~25年 日中韓協力事務局事務局次長(大韓民国)
平成26年~28年 総合外交政策局 女性参画推進室長
平成28年2月 外務省退職
平成28年7月 参議院議員選挙(大阪選挙区)にて初当選
趣味・特技 お茶、旅行、ピアノ、陶芸、フィギュアスケート鑑賞、サルサなどのダンス
言語:英語、韓国語、仏語、中国語
長所・短所
  • 長所:結果(成果)を出す。柔軟な発想
  • 短所:細かいことが苦手

ページの先頭へ戻る